一次試験勉強のまとめ -①勉強時間

製図準備しながら、ざっくりと一次試験の整理も並行していこうと思います。

私も過去のブログからたくさん戦略やら勉強させていただいたので。

まずは勉強時間の振り返り。

<2015年>

ちょうど1年前、一級建築士試験の一次試験が終わったとの話を聞き、8月から勉強を始めました。

web講義をまずは読み、合格物語を手探りではじめ、法規を除き解き終わったのが確か10月頃。

勉強時間を少しずつ増やすながら、勉強する習慣をつけ、必要な知識量がどのくらいあるのかを捉える事をかんがえて進めていました。

キャプチャ

<2016年>

1月、全体像が見えてきたことや、法規の勉強を開始したことで、特に勉強しました。

2月-5月は毎月1,2個模試を受けながら、復習、合格物語を回しながら重要暗記事項の抽出の繰り返しです。模試の結果が毎回そこそこよかったので、あまり焦ることなく、ただ継続していました。

6-7月 この頃、少し焦る理由となったのがやはり模試。90点以下を取ることは1度もなかったですが、90点台前半だと焦る意識でやりました。100点超えを常に意識し、ウラ指導の模試は結局2回ずつ解きました。他の模試も、キングファイルにまとめ、ざっと見通すのを2,3回しました。それが結構効果があったのではと思っています。新問対策は、見たことない問題が出たときに、どれだけ各回答を読み込めるかという事にかかっていると感じていました。各学校の模試、同じような問題を出していたりして、新問題でも絶対にできない問題と、想像からできてしまう問題がわかってくる感覚が最後の方は出てきました。

過去問も結局100%できるようにはなってない、けど、合格点がとれたのは、新問題を取るための特訓として模試に取り組み、そこでの教訓を活かして合格物語や自分で作った整理ノートを穴埋め形式にしたりと進化させていったことにあったかと思いました。

あくまでも、私の場合ですが、何かの参考になれば。

この感覚について、時間が取れれば②以降で詳細追記します。

2

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中