<構造>要整理項目

構造の要整理項目

5/22時点

・木材の許容応力度と荷重継続期間

・柱の最小径、細長比等(RC,S,木)

・梁のたわみ

・H鋼の強軸と弱軸、横座屈対策や水平スチフナー(フランジ・ウェブ)

・土の試験とそれでわかること(砂質土、粘性土)

・静定構造の判定式

・つりあい鉄筋比

・耐震壁の壁厚や鉄筋間隔の数字

・柱梁接合部のせん断補強筋間隔

・その他数字・・・・追加予定

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中