<環境>H27 年度回し

環境 16/20 正解

正解率が低く、問題を解いていてもなかなか手ごわい印象でした。

〇ポイントの整理

・実効有効温度(ETD):内外温度差、日射量、時間の遅れを考慮した仮想の温度差

・中央管理方式で許容されるホルムアルデヒドの上限:0.1mg/㎥以下

・日照率=日照時間 / 可照時間 ×100 (いつも24時間と混合します)

・等時間日影線:日影図における日影時間の等しい点を結んだもの

・APF(Annual Performance Factor):年間総合負荷と総消費電力量から求められる効率(not 想定)

・バキュームブレーカー:断水時などに負圧となったとき、管内に空気を送り込む装置

・自然流下方式の排水立て管の管径:最下部の管径と同じにする

・エスカレーター;ハンドレールの折り返し部から2m以内に防火シャッターある場合は、連動して停止できるようにする

:原則30度以下。超えるときの制限は、35度以下、30m/分以下、揚程6m以下。

以上

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中