<計画> 都市計画 の事例

・チャンディガール(インド):格子状で7段階の道路の機能わけ

urban-planning-in-chandigarh-a-reflection-9-638
・キャンベラ:3つの都市機能(中央官庁、市政、業務商業)3角形+郊外住宅地

img1
・ブラジリア(L.コスター):ジェット機型。胴体に政治的中枢、翼に住宅地。

ab38d0285bdbed3f55bd5f472dc51b9e
・ワシントンD.C. :ポトマック川から国会議事堂までの軸+放射・格子状道路

03McMillan_0
・ハーロウニュータウン:近隣住区方式

145_2

・高蔵寺ニュータウン(名古屋):住宅地幹線道路は幹線道路からフォーク状
:ワンセンター方式。センターからペデストリアンデッキ
・港北ニュータウン(神奈川):公園や歩道を結ぶネットワーク
・千里ニュータウン(大阪):近隣住区方式

・ミルトン・キーンズ:近隣住区の見直しによる、柔軟な計画(詳細はつづけるにっきさん。ありがとうございます。http://keepgoingup.blogspot.jp/2012/12/milton-keynes-1.html)
5227bf71

(覚えやすそうなのでTACブログより引用!:http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/tag/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%A6)

・ロンドン ドッグランズ再開発:テムズ川沿いの旧港湾地区

museum-of-london-docklands-1536
・イタリアウルビーノ都市基本計画:歴史的建築物を都市計画に含んだ開発計画
urbino

オーストリア ウィーンの都市計画:ウィーン環状道路→旧市街を取り巻く環状道路で、城壁除去にあわせて1857年に国際コンペで設計。(下図はもともとの様子 from wikipedia)

700px-Vienna_austriae_detail

ついでに、オーストリアの建築家と言えば、O.ワーグナーで「必要様式」、ウィーン郵便貯金局など(下記写真:鉄とガラスによる)

mm003

 

深夜、勉強も少し飽きてきたところで、いわゆる自分用資料づくりですね。

広告

2件のコメント

  1. お疲れ様です。

    > ミルトン・サインズ 近隣住区の見直しによる、柔軟な計画

    ミルトン・キーンズ、もしくは、ミルトン・ケインズ、です。
    http://keepgoingup.blogspot.jp/2012/12/milton-keynes-1.html

    記事、くだらない内容ですが、下の方にグーグルマップ載せてありますので、ロンドンとの位置確認してみてください。
    まぁ、これまで2回くらい?しか出題されてないんで、そう重要ではないかもですが、イギリス内では成功した事例として取り上げられることが多いです。
    日本で想像するようなナントカタウン?というよりは、2、3層くらいの低層が延々とつづき、駅周辺の一区画のみ8~10階建てが集中してるような場所です。職住接近だし、ちょっと電車乗ればロンドンだし、うらやましい環境です。

    あと、オーストリアのウィーンの都市計画もごくたまに出題があるので、合格物語でチェックしといてくださいー
    欧州的には、旧城壁を取り払って旧市街地を開放した、ということで、19世紀産業改革辺りの都市計画として、同じく成功事例として挙げられるようです。

    て、全部は覚えられないですよねー笑
    がんばってくださいー

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中