<計画>開口部等 エアフローウィンドウ方式とダブルスキン方式

今日は仕事も早く終わり、書き日和!

エアフローウィンドウ方式とダブルスキン方式

・エアフローウィンドウ方式:二重のガラス間に室内空気を通して熱負荷を低減する方式

・ダブルスキン方式:温度差換気を利用し二重のガラス間に外気を通して熱負荷を低減する方式

違いがよくわからなーいと思って何回も間違えていましたが、改めて用語を見てみると!

エアフローウィンドウ: air 風 flow 流れる window 窓!

ダブルスキン: double 二重の skin 肌(外装)

つまり、エアフローは室内の風を流す窓で、

ダブルスキンは、二重の外装で、その間はまだ屋外の空気 という事。

ダブルスキンの方がイメージしやすいですが、どちらにしても、熱負荷が低減するんですね。

キャプチャのコピー

(参照)

https://www.ecoglass.jp/s_business/pamphlet/pdf/brochure14.pdf

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中